自分で浮気調査

自分で無料で出来る浮気調査の3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
浮気調査を自分で行う方法

パートナーが浮気してるかもしれない!と思っても、誰もが夫婦のことは自分たちで解決しようと考えるでしょう。

夫婦が一方の浮気を「カンで察知したとき」、その的中率は90%といわれていて、ほとんどがクロという結果になっています。

方法は様々ですが、まずは探偵事務所に依頼する前に、自分でできる調査のポイントを知って解決の糸口を見つけましょう。

本サイトの登場人物について

cropped-logo.png

自己紹介1
  • 元探偵シャーロック君
  • 本サイトの主人公。中の人は元探偵
  • 探偵業務の名残から、現在も細々と地方にて活動中
  • 家庭内の理由によりUターン
  • 帰郷を機に、探偵業務とは別に雑誌の編集も兼務
  • 趣味は温泉巡り
  • 一言「実際の実務の経験から、このサイトの悩みを抱えてる人に役立てればなと」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-19-31-47sozai_62050

自己紹介2
  • のり子さん。人妻34歳
  • 本サイトの相談人
  • 旦那有り、子供一人
  • 夫の浮気に不信となり、浮気調査を依頼しようかなと悩む女性
  • 某外資企業のPR担当で、高学歴キャリアウーマン
  • 一言「私も、それなりの稼ぎあるし。この際旦那とは別れても、、、」と実は思っている

のり子さん
浮気調査をプロに頼む前に自分でした方が良い事ってあるのですか?

シャーロック君
はい。無駄な出費はをかけない為にも下記のポイント1.~3は調べておくと節約にもなりますよ。

ポイント1. 身の回りにある情報を自分でチェック

浮気かな?と感じても確証がない場合は、浮気につながるような情報がどこかにないか自分でチェックすることです。

これで浮気の証拠が出てきたら、パートナーを問い詰めたり、夫婦内での和解、協議離婚や調停離婚をするかどうかの判断ができます。

シャーロック君
ポイントとしては、パートナーが普段身の回りに置いている物からチェックすることです。

 

  • 携帯・スマホのメールや通話履歴
  • カーナビの目的地履歴
  • パートナーが登録しているSNSサービス

浮気相手とのやりとりをSNS上で行っている場合などは、その証拠がハッキリでてくることがあります。夫婦のあいだで決めたキーワードや番号、誕生日、ニックネームなどはそのままSNSに使われることがあるため、浮気の手がかりをつかむための有効な情報になります。

シャーロック君
最近では、ラインでの浮気相手との問題が非常に多いので、どうすれば証拠になるか?についてこちらでまとめています。

ポイント2. 利用明細をチェック

夫婦であれば、家庭にかかる明細を把握しているはずです。パートナーの浮気を疑ったとき、明細をチェックしていれば、記載された内容に浮気を裏付ける情報を見つけることができるかもしれません。
携帯やスマホの利用明細はもちろん、クレジットカードや給与の振り込み明細などが挙げられます。

シャーロック君
浮気の疑いがかけられる時によくあるのがこのような行動がきっかけとなります。

 

・携帯やスマホの利用料を抑えていたのに、急にカケホーダイに設定しはじめたとき
・クレジットカードの決済にかかる料金が異常に高額だったとき
・給与から不明な引き落としがかかったり、高額なお金を引き出していたとき

お金は浮気相手と会うためにゼッタイに必要なもの。ケースによっては、浮気相手をアパートに住まわせ、その家賃を給与から支払っているということもあります。

これらの明細は浮気相手に関する情報を伝えてくれるだけでなく、調停や裁判に発展した際に「証拠」として使える重要なものになります。不明なお金の支出などは、明細というデータとしてハッキリ出るので、その時点でパートナーを問い詰める材料になるでしょう。

ポイント3. ゼッタイに信頼できる友人か知人に協力してもらう

以上のようなポイントから情報がとれたら、実際に簡単な確認作業に移っていきます。

お金や時間をかけずに真実を知りたいという場合は、友人や知人に協力を求めることが有効な手段といえるでしょう。尾行や追跡を行って報酬が発生すれば業務となりますが、パートナーが外出しているときの状況をこっそりと見てもらう程度なら、探偵業でなくてもできます。

そこで得た情報をもとに、パートナーを問い詰めれば、白黒はっきりさせることができるでしょう。
ただし、このポイントで大切なのは、「ゼッタイに信頼できる友人か知人の1人」にお願いすることです。

場合によっては、本格的な調査が必要になる可能性もでてきます。その際に、多数の友人や知人に協力を求めてしまうと、どこかから情報が漏れたり、相手にバレてしまう可能性があるからです。

本調査になったとき「相手が警戒している状態」になっていると、浮気の証拠をつかむのは難しくなります。浮気調査は極めて秘匿性の高い業務なので、自分である程度のことを調べるにしろ、探偵に依頼するにしろ、相手にバレたり警戒されないよう注意しなければいけません。

シャーロック君
以上3つのポイントがまず探偵に浮気調査を依頼する前に自分で検討すべきことです。
のり子さん
なるほど!これさえあれば、浮気調査の下準備は出来そうです。あ、あと沢山調べている内にシャーロック君に聞きたい事があと一つあるんですが、、、
シャーロック君
はい!なんでしょう?
のり子さん
色々と疑い深い部分があるのですが、旦那の携帯を触る事や、尾行の事について個人のプライバシーの問題などが気になっていまして。。。
シャーロック君
そうですね。浮気調査は法律の部分はシビアに考えないと素人の行動で軽率になると、法を犯してしまいます。そうならない為にも最低限の法律をこちらに記事にしているので読んでみてください。

まとめ

依頼者はあくまで探偵業を仕事としていない一般の人です。法律に触れない範囲で冷静な行動が出来る際に、業務としての浮気調査ではなく、「自分でできる情報の確認」をまず行い、友人や知人の協力を得て解決に導くことができるかもしれません。

ポイントを踏まえた上で実行していけば、何らかの手がかりをつかめるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

浮気をしていなかった場合、調査費用が無料の探偵社とは?

シャーロック君おすすめ情報


浮気に確証がない場合に依頼する探偵事務所は、「浮気をしていなかった場合は0円(無料)」の【街角探偵相談所】がおすすめです。



浮気の証拠がなかった場合でも、他社では調査費用が掛かってしまいますが、【街角探偵相談所】では、調査費用が掛かりません!

 

街角探偵相談所の公式サイトへ

コメント

コメントは停止中です。